LaFontanaシェフの週末


by lafontana
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

11年目を迎えるにあたり思うこと。

この11月11日にですね、11年目のリニューアルオープンを予定しています。

そのときにですね、大々的に告知をしようと思ってまして。
安佐北安佐南紙面にバーンと1ページ載っちゃおうかなーと予定してます。

そこに載せる僕の思いをプロの人がコピーにしてくれるというんで、メール
下さいって事だったですけど、だったらいっそのことブログに書いちゃおう
と思いました。

以下、いろんな思いを羅列していきますので、文章なってないぞとか、偉そー
にカッコつけてーとかとか、なしでよろしくお願いします。



僕が今のお店を作るにあたり意識したのはホントちっちゃい子供の頃に感じた
思いに遡ります。

確かあれは誕生日だったでしょうか、確かサンデーサンかサンフラワーか定か
ではないですけど母親に2人っきりで(弟がいたかなー)連れて行ってもって
初めて食べたドリアです。

当時外食と言えばラーメンの豚太郎ぐらいでレストランなんて行ったことあり
ません。
そこで初めてレストランのドリアっていうしゃれたものを口にして、なんじゃ
これってびっくりしたのを覚えています。

それと同時に普段は仕事でいない母親と2人でレストランというとっておき感と
食べた事のないおしゃれなものを食べてるスペシャルな感じがなんとも言えない
特別な思い出として今でも鮮明に残っています。

ラフォンターナを作った時に一番意識したのがこの時僕が感じた思いですね。

ウチのお店に来て過ごしてもらう時間が、とても温かく笑っていられる時間
だったら最高だなーと思います。

ぶっちゃけて言うと僕が一番嬉しいのは「料理むっちゃ美味しかったです~」
って言われるよりも、ウチのお店で過ごしてるお客さんが楽しそうに笑ってる
とこを見ることなんです。

僕が職人だからか、はたまたホントの意味での職人ではないからなのか定かでは
無いですけど、食材にこだわってるんだから料理は美味しくて当たり前ってどっ
かで思ってるのかもしれません。
もしくは生粋の料理人ではなく、食事を提供する空間が好きなただのオジサン
なのかなーと思うこともあります。

この度リニューアルである程度パスタに特化したお店造りをしようと思ったのも
おこがましながら何だったらウチのお店が広島で1番になれるかなーと思ったのが
始まりです。
やっぱ20年やってきたパスタには自身がありますから、なにせ今までの人生の
半分をパスタばっか作ってきたんだし。
あと常連さんに言われた「あれもこれもしないで、地域1番店を目指したら」っ
て言葉もけっこう残ってますね。

移転も考えてたんですけど、10年間お客さんにお世話になったこの場所で、新
たに11年目のスタートをきれたらなーと思います。

僕自身も40歳になったし素直にありのままの自分を出していけたらいいなーと
思う年になってきて、カッコつけるのもなんかカッコ悪いなーと思うようになり
ました。

飾らないで、ありのまま楽しんでもらえれる空間が作れたら、そこに僕の作った
パスタがあれば最高だなーと思いますね。



e0186508_10225411.jpg


ちょっとカッコつけすぎでしょうか・・・突っ込みはおひかえください。。。
[PR]
by lafontana | 2011-10-26 10:24 | しぇふのつぶやき