LaFontanaシェフの週末


by lafontana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

楽観的思考人間。。。

お盆が終わると夏休みの終わりも近いですね。
今日もランチにちらほら小学生のお子さんがいらっしゃってました。
最近の夏休みの宿題の量ってどうなんでしょう・・・

なぜか未だに宿題という言葉に拒絶反応をしてしまう私ですが042.gif

『夏休みの宿題』って皆さんどんな思い出がありますか?

私は昔から物事を先々することができない性格で、当然夏休みの
宿題もだいたいとっかかり始めるのが8月20日くらいとかだったり

そっから根詰めて図書館なんかに友達と行ってやって、いつもぎり
ぎりに仕上げるって感じでした

29日とか30日の段階で、ぜんぜん済んでなくて、こんなにたくさん
あるからさすがにもうこれは間に合わんー。
といつも思うのですが、なぜか不思議と間に合ってました・・・

その時あたりから、今のこの私の楽観主義というかなるよーになる的な
考え方が構築されていったんでしょう。

この自分が楽観主義だということに、今のお店をするまでは実はぜん
ぜん気づかなかったんです。
みんなが自分と同じ考え方をするもんだと思ってましたから。

カウンターなどでお客さんとお話するよーになって、あー皆すごく色々
考えて行動してるんだなーとか、周りに気配りしてるんだなーとか・・・
感じるよーになり、どーもすべての人が楽観的思考じゃない、この自分
の楽観主義はどーもグンを抜いてるんだなと気づいたしだいなんです042.gif

修行時代は、厨房の中で1日中仕事してましたから。
いわゆるヤカタ仕事というんですけど、まったく話をしないで1日を過ごす
こともざらで・・・

今だから言えるんですけどオープン当初お客さんとお話をするのが実は
苦痛でしょうがなかったんですよ。

オープンからずっと常連さんで通っていただいてるお客さんと、まともに話
をするまで2年かかったとかざらでしたからね034.gif

転機はオープニングスタッフの岡もっチャンが寿退社して、接客の人が
いなくなり自分で接客しないといけなくなってからですかね。

ほんとそっからはおしゃべりに四苦八苦でもがいてましたから。
とくに最初は自然体でお客さんと接することができなくて、えらい自分
自身かっこつけちゃったりなんかして・・・
仕事が済んだら慣れないおしゃべりで磨り減った神経に、信じれない
くらい精神的にまいってました。

その繰り返しのなかで、これかっこつけて着飾っておしゃべりするから
疲れるんじゃないかな、もうかっこつけるの止めよう。
と思ったとたん急に、ほんと急に楽になりました。
今ではもうべシャリのテクも駆け出しのお笑い芸人クラスと言われたり、
言われんかったり・・・028.gif

カウンターでワインなんか入るじゃないですか、で考え方なんかを話たり
すると、ほんと自分の考え方の浅はかさに気づいたりしますね。

何においても考えることは重要だと気づかされました、まーそれと同時に
自分の楽観的思考も捨てたもんじゃないこともわかったんですけど・・・

毎回とりとめのないブログになってますね・・・

実はこれもとりあえず書き始めたら何とかなるだろー的思考だったりするんですよ・・・
[PR]
by lafontana | 2009-08-22 17:08 | しぇふのつぶやき